お知らせ

過去のメディア情報

プレスリリース デニムの聖地-岡山県井原市発 サスティナブルな至高のデニムマスクが進化! 地域団体商標「井原デニム」製品に認定!

2021年 1月 25日 【プレスリリース】

岡山の老舗デニムファクトリー青木被服がデニムの聖地の力を結集した最新デニムマスクを「Makuake」にて先行販売スタート!

デニムの聖地である岡山県井原市に本社を置き、デニムファクトリーとして創業60年を迎える【青木被服株式会社】(代表取締役社長:青木 茂 本社:岡山県井原市)はこの度、新たに地域団体商標「井原デニム」製品への認定を取得したデニムマスク[IBARA DENIM MASK] を「Makuake」にて3月5日(木) 午前12時 に先行販売を開始致します。


応援購入サイト Makuakeにて先行販売が決定した[IBARA DENIM MASK]

岡山県井原市のデニム素材を活かし、昨年4月より色の落ちにくい[反応染デニムマスク] のオンライン販売を開始、2020年の年末には累計販売枚数20万枚を突破いたしました。 この度 機能とデザインを共に進化し、地域団体商標[井原デニム]の製品認可を取得した「IBARA DENIM MASK」を応援購入サイト「Makuake」にて先行販売致します。

商品名:IBARA DENIM MASK
[Makuake] 先行販売サイト (公開日時:3月5日午前12時 ~ 終了日時:4月5日午後11:59)

https://www.makuake.com/project/ibara-denim-mask/

 

-デニムの聖地-の技術を集結した[IBARA DENIM MASK] の特徴:
美しく洗練された色合いが特徴の反応染デニム2色と霜降り表情が美しいヨーロピアンシャンブレーデニム2色で制作しております。2つの染色工程で生み出される至高の井原デニムとなります。

1. 反応染め [REACTIVE DYE]:
化学反応を利用し、糸の芯まで染料が固着する事で何度洗っても色落ちがしにくく、
日焼けしにくい反応染を施した気品ある高貴な艶が特徴的な反応染デニム。


[IBARA DENIM MASK] 左 ピュアブルー色 右ピュアブラック色

 

2.ロープ染 [ROPE DYE]:
ロープ状にした糸束を空気に触れさせながら染色する事で、
霜降りの表情を実現した美しいヨーロピアンシャンブレーデニム。


[IBARA DENIM MASK] 左 エメラルドグレー色 右 エメラルドブルー色

 

[新たに進化した機能面と拘り抜いた縫製デザイン]

1.柔らかなニット紐とアジャスター付デザイン:
オリジナルで染め上げた藍色のニットゴム紐が耳の負担を軽減する効果があります。
ニットゴム紐仕様となり調整可能なニット紐となっているため、ぴったりなサイズ感で装着が出来ます。


進化した柔らかなニット紐とアジャスター付デザイン

2.特殊カンドメ縫製のマスクへの役割:
プリーツの開閉を美しく維持出来る様になり、マスク装着時も話しやすくなりました。
プリーツが崩れにくい特殊縫製技術で、お顔映りを常に清潔に保つ事ができます。


プリーツが崩れにくいためお顔映りを清潔に保つ事の出来る特殊カンドメ縫製

3.デニムファクトリーが生んだ拘りのディテールデザイン:


プリーツが崩れにくいためお顔映りを清潔に保つ事の出来る特殊カンドメ縫製

●真鍮製ロゴリベット:
元来、補強具として取り付けられる特注真鍮製リベットをデニムファクトリーで製作したアイデンティティとして取り付けています。

●[IBARA DENIM] レッド刺繍ネームと英文字ロゴプリント:
地域団体商標 [IBARA DENIM]の赤い織ネームが加わりました。[IBARA DENIM]を多くの方々に知って頂きたい想いが込められています。
また、弊社ブランド[青木被服]の英文字プリントを主張しすぎない顎ライン位置に加えお顔周りがシャープにより美しく見える様、アクセントデザインとして取り入れています。


IBARA DENIM 赤タグと青木被服ロゴプリントを顎のラインに施されている。

4. フロントに針穴のない美しい縫製デザイン:


IBARA DENIM 赤タグと青木被服ロゴプリントを顎のラインに施されている。
●2枚のガーゼ間にステッチを施し、ノーズワイアーを取り付ける高度な縫製技術
フロントからは針穴のない美しい立体型デニムマスクを制作するため、2枚のガーゼのみにノーズワイアーを
施し、フロントには針穴の残らない独自縫製デザインで仕上げております。高度な縫製技術ではありますが、
より美しく、より長くご愛用頂ける縫製仕様で制作されております。

[サスティナブル溢れる仕組で織りなす井原デニム]
「デニムの聖地」岡山県井原市を流れる小田川の上流を流れる軟水を使用し染色を行っています。
紺碧の青空とも言われる美しい青色が生み出されます。


井原市 小田川の上流を流れる天然の軟水

紺碧の青空に例えられる井原デニムが生み出すデニム染色

染色後の水は瀬戸内海の厳しい環境基準に守られ岡山県内の食物栽培や朝日米の栽培に利用され、河川に戻るシステムをとっています。持続可能な仕組に守られて作られる、サスティナブルな製品こそが井原デニムの真髄といえます。


IBARA DENIM MASK

 

[-デニムの聖地-岡山県井原市の地域団体商標「IBARA DENIM」]
「井原デニム」地域ブランド製品とは:
国産デニム発祥の地と言われる岡山県井原市内で織布したデニム生地を用い、井原デニム審査会に合格したデニム製品。弊社のデニムマスクは、この「井原デニム」地域ブランドの認定を取得致しました。
『井原デニム』は、岡山県井原商工会議所が2019年3月1日に地域団体商標を、『D#』ロゴマークは2019年3月15日にを取得致しております。




[IBARA DENIM MASK]は、地域団体商標の認可を取得した[IBARA DENIM]地域ブランドの認定商品になります。井原デニムの知名度向上を測りMADE IN IBARA で作り上げた高品質なデニムマスク となっております。


地域団体商標[井原デニム]の製品認可取得した[IBARA DENIM MASK]

井原市の技術の結晶として、是非皆様に手にとって頂きたいプロダクトの最新作が完成致しました。


[IBARA DENIM MASK] 

●プロジェクト公開日:3月5日 午前12:00 
●プロジェクト終了日:4月5日 午後11:59
→正規販売予定価格:2,740円 / 枚 (送料・税込)
*Makuakeでは超早割・特割といったリターンをご用意しております。
*4カラーで好きな色をお選び頂けます。
詳細は下記Makuakeプロジェクトページよりご覧下さい。

https://www.makuake.com/project/ibara-denim-mask/

 

[青木被服株式会社]


 

1961年にデニム製品、 ユニフォームの受注生産を開始し、1970年代には国内外に自社工場を増設。 国内を代表するデニム工場として定着致しました。

さらに2010年、 デザイナー青木俊樹がブランド事業部を創設し「FAGASSENT / ファガッセン」をコレクション展開スタート。 パリ、 ミラノにてメンズコレクションを開始し、 そのデザイン、 縫製は海外からも評価を得ております。2020年3月より、新型コロナウイルスによるマスク不足を危惧し、 少しでも社会に貢献できたらとデニムマスクを製造、 販売を開始。医療機関である岡山県井原市医師会やJリーグプロサッカークラブ「S.C 相模原」、Vリーグ 女子バレーボールクラブチーム「岡山シーガルズ」といったスポーツチーム等への寄贈活動も積極的に行なっております。

 

●青木被服株式会社 ウェブサイト → https://www.aokihifuku.co.jp
●青木被服 公式オンラインストア→ https://aokihifuku.base.shop

page_top