お知らせ

過去のメディア情報

[年間1500枚生産] 全てのジーニストに送るDENIM SAMUE「男を磨く一張羅」 岡山デニムファクトリーが提案するデニム作務衣の最新モデルがMakuakeにて先行販売開始!

2021年9月1日 【プレスリリース】

井原デニムを使用した粋なDENIM SAMUE -男を磨く一張羅-が青木被服から誕生!9月1日 12:00~ 先行販売スタート!

[デニムの聖地]として知られる岡山県井原市に本拠地を置く青木被服株式会社(代表取締役社長:青木  茂 / 本社:岡山県)が展開するブランド「青木被服」においてこの度、-世代を超える-をテーマにデニムファクトリー独自の視点で「DENIM SAMUE/デニム作務衣」を新開発致しました。
応援購入サイト「Makuake」にて9月1日(水)12:00〜より販売開始致します。


青木被服が発売した DENIM SAMUE [男を磨く一張羅]

「DENIM SAMUE -男を磨く一張羅-」Makuake予約販売受付ページ:
◉プロジェクトページ: https://www.makuake.com/project/aokihifuku5/
◉販売開始:9月1日(水)12:00
◉販売終了:10月4日(月)18:00
◉スペシャル動画:https://www.youtube.com/watch?v=Ufo2LPt81bs


デニム作務衣 -男を磨く一張羅-
世代を超えて、全てのジーニストへ愛される新製品を心がけ制作されました。


*RELAX TIME / リラックス時間に


*DAILY WEAR / お出かけ時のデイリーウェアとして


*SOLO USE / 単品使いへのコーディネートとして、ジーンズに相性の良いデザイン。



● [岡山県井原市-デニムの聖地- 美しい水から生まれる反応染デニム ]
デニム の聖地岡山県井原市で織られる 反応染デニム という特殊な染色工程で染められたデニム 素材を使用しています。小田川のミネラル豊富な上流水のみを使用し染色を施した、艶のある表情と風合いを実現した色落ちのしにくいデニムを使用しています。


糸の毛羽を最小限に抑えた紡績技術で作られた「コンパクトヤーン」従来の糸と比較して丸く膨らみのある糸形状は、ソフトで滑らかな風合いでありながら、ハリコシのある素材感を実現しております。


● [年間1500枚制作! デニムファクトリーだからこそ実現。ロングセラーに改良を重ねた渾身のデザインと機能]
青木被服株式会社はデニムの可能性を求め、デニム時で制作するデニム作務衣を開発してきました。
毎年1500枚の生産が続くロングセラー商品、デニム作務衣に更に改良を重ねファッション性と機能を兼ね備えた作務衣が誕生致しました。


*携帯が収まる大容量の胸ポケットを装備


*シャープな印象を与える襟元の切り替えデザインと腕に備えられたペンポケット


*バックスタイルにはジーンズ製品の誇りとも言える本革レザーパッチを装着。

*ヒップ部を二重仕立の仕様にし、動きに応じた負荷を軽減するデザイン。

*パンツの裾部は調整可能な平ゴム+ウエストには平ゴムとデニムベルト仕様で脱着時のストレスを軽減。

[DENIM SAMUE / デニム作務衣 -男を磨く一張羅-] 商品概要:
◯素材:コットン100%
◯原産国:Made in Japan / 岡山県井原市
◯値段:
・Makuake 超早割15% OFF デニム作務衣 セットアップ ¥27,795(税込)
[セットアップ一般販売予定価格 ¥32,700 (税込) ]
・Makuake 超早割10% OFF デニム作務衣 ジャケット¥16,560 (税込)
[ジャケット一般販売予定価格 ¥18,400 (税込) ]
・Makueka 超早割10% OFF デニム 作務衣 パンツ ¥13,590 (税込)
[パンツ一般販売予定価格 ¥15,100 (税込) ] 

[Makuake 予約購入受付概要]
タイトル:男を磨く一張羅[DENIM SAMUE] デニムファクトリーが提案する粋な和の装い
◉プロジェクトページ : https://www.makuake.com/project/aokihifuku5/
◉目標金額:300,000円
◉受付期間:2021年9月1日(水)12:00 ~ 10月4日(月) 18:00
◉スペシャルムービー-男を磨く一張羅-:https://www.youtube.com/watch?v=Ufo2LPt81bs
◉メッセージ:
このデニム 作務衣を通じ、デニム とファッションの力で皆様の心と体を元気にする事が、私たちの勇気に変わります。当社の製品をお手にとって頂いた皆様に喜んで頂けるよう、メンバー一同心を込めて対応していきます。


井原市を流れる小田川

[青木被服株式会社]
青木被服株式会社は、1961 年にデニム製品・ユニフォームの受注生産を開始し、
1970年代には国内外に自社工場を増設。国内を代表するデニム工場として定着する。
2010年、デザイナー青木俊樹がブランド事業部を創設し、「FAGASSENT/ファガッセン」のコレクション展開が始まる。パリ・ミラノのメンズコレクションをスタートし、その縫製・デザインは海外からも評価を得ている。
2020年4月に倉敷美観地区に本店をOPEN。同時にライフスタイルをアップデートする商品開発を主軸としたプロジェクトブランド「青木被服」をスタート。



●青木被服株式会社 ウェブサイト → https://www.aokihifuku.co.jp
●青木被服 公式オンラインストア→ https://aokihifuku.base.shop

page_top