青木被服株式会社の「デザイナー」です

HOME » COMPANY » デザイナー

COMPANY

会社案内

Designer
青木俊樹
TOSHIKI AOKI

岡山県出身。タケオキクチの生産を経て2008年にイギリスにわたる。

ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションにてファッションデザインを専攻。卒業後は、現地レーベルでの研修を経て独立。
2011年、「FAGASSENT」を設立。2011-12A/Wにてロンドンと東京にて初のコレクションを発表。以降コレクション発表はパリのギャラリー(FAGASSENT GALLERIE)に場所を移し、シーズン毎にヨーロッパ諸国のバイヤー中心に発表されている。

Profile

1983年
岡山県井原市生まれ
2001年
金光学園高等学校卒業
2005年
関西外国語大学卒業
2005年
株式会社WORLD「TAKEO KIKUCHI」生産勤務
2008年
London College of Fashion にて Menswear 専攻
2011年
ロンドンにてメンズブランド「SNAKE&DAGGER」 勤務
2011年
青木被服株式会社入社、「FAGASSENT/ファガッセン」をスタート

FAGASSENT
Biography

2012年 1月
WHITE HOMME 出展 / Milan, ITALY
2012年 2月
PITTI UOMO 出展 / Florence,ITALY
2012年 2月
TRANOI HOMME 出展 / Paris,FRANCE
2013-2020
1月 FAGASSENT PARIS GALLERY にて秋冬コレクション発表 / Paris, FRANCE
6月 FAGASSENT PARIS GALLERY にて春夏コレクション発表 / Paris, FRANCE
2017年1月
米ロックバンド「ガンズアンドローゼズ」とのコラボレーションライン発表
2020年 1月
PROJECT 出展 / Las Vegas, U.S.A

インタビュー

青木俊樹 / TOSHIKI AOKI

イメージを立体化していく制作現場では日々様々な発見やインスピレーションを吸収出来ます。

デザインしていく観点では生産現場とは一定の距離感を置く事も大事ですが、例えばミシンの音であったり、生地を裁断するプロセスが想像出来、プロダクションが垣間見える洋服作りを目指しているため、ファクトリーからの発信を同時に強めていきたいと考えています。

物作りの現場から直接世界に発信していく事を目的に、コレクションというフィルターを通じて挑戦していきます。